汚れの放置は跡の元

魚介01長く自動車に乗っていれば色々な汚れが付く機会が訪れるものです。例えばチリやほこりはどう過ごしていても付着するでしょうし、最近は酸性雨などの影響もあって雨ジミが以前よりも深刻な悪影響を与えるようにもなったといいます。そうした様々な汚れの中でも特別ひどい汚れとして知られているのが虫汚れと呼ばれる汚れで、主に自動車に虫がぶつかった時の虫の死骸と体液によって付いた汚れのことを指します。この虫汚れはただ単に見た目が悪いだけではなく、自動車の品質にも係わる汚れとなるので、出来る限り早く取り除くことが出来るように専用のクリーナーを用意して置くようにしましょう。
自動車の虫汚れは見た目も悪く、精神的にもあまり良い気分がする汚れではないので出来れば触れたくないという方も少なくないと思います。しかし虫汚れを放置していると虫の体液などに含まれている成分が酸性雨のような働きを見せ、自動車の塗装の一部を溶かしてクレーター上の跡を造ってしまい、その後は虫の死骸や体液を取り除いてもその跡が残ってしまうそうです。そこまで状況が悪化すると本格的なコーティングなどを行わないと元に戻らないそうなので、そうなる前に専用クリーナーを利用して虫汚れを取り除いておきましょう。

コメントは受け付けていません。